> > 体について考えよう!

体について考えよう!

しばせいの体について考えてみよう!
今回は
箱の中身はなんでしょうね?
???テーマ間違ってません???
大丈夫です。
見えない箱の中身に手を突っ込んで
なにが入ってるか当てるという遊び
みなさんもテレビで見たり
実際に遊ばれたことがあるという方も
いるかも知れませんね。

患者さんを治療していて
あ!この部分が痛いところですね!!
とか
これ!押さえると痛いところに響きませんか?
と聞くと
え!?なんで触っただけでわかんの??
と驚かれます。
服の中そして皮膚の中なので
見えない部分ですので触るだけで当てる
箱の中身はなんでしょね?
みたいな驚きなんでしょう!!

これ箱の中に入ってるものが
全く知らないものだと当てることができません。
よく知ってる物や
よく触ってるものだと当てることが
できると思います。

僕の治療も一緒です。
皮膚の下の体の状態をわかっていないと
当てることができません。
経験でそれまで何度も何度も触ってきてるから
わかるんだと思います。

僕たちは診察や診断の方法が限られてるので
触る治療、触診
後はヒントみたいなもんですね
直接患者さんに聞く
問診
状態や動きなどを見る
視診
それだけで症状を見極めて治療しないと
いけないので触って治療する
ということはとても大事なことなんです。

色んな情報が伝わってくるんですよ。
あ!ここにホクロがある
とか
バンドエイド貼ってはるわ
とか

若い頃はその情報に自信がもてずに
左が痛いですよね??
と恐る恐る聞くと
患者さんに
右やでと言われると自信がなくなったり

今は
左が痛いですよね?
右やで
ほんまですか??左のが張ってますよ
あ!イタタタ
ほんまや右やと思ってたけど
左のが痛いわ!!

そして感覚に集中するために
目をつぶりながら治療してます。
けして寝てるわけではありませんので
ご安心を!